Press "Enter" to skip to content

より現実的に実行するには?永久脱毛が可能な2つの施術方法

永久脱毛の現実的な定義

永久脱毛は、文字通り一度施術を受ければ、その後ずっとムダ毛が生えて来ないと云うものではなく、最終施術から1か月後の毛の再生率が20%以下の脱毛方法と定義されています。その為、永久と名に付くものの、実際にはある程度時間が経過すれば、またムダ毛が生えて来ることが予定されているんですよね。そして、この定義は、半世紀以上前の米国電気脱毛協会によって定めたものであることから、レーザー脱毛が行われる現在では、より現実的に長期間に渡り、減毛された状態を維持できる脱毛法を指して、永久脱毛と云う場合もあります。

永久脱毛が可能なニードル脱毛

現在ある脱毛方法の中で、実際に永久脱毛が可能な方法は、ニードル脱毛とされています。ニードル脱毛は、別名針脱毛とも呼ばれ、その名前にある通り、針を利用してムダ毛の処理を行います。具体的には、ムダ毛の生える毛穴に1箇所ずつ針を刺し、そこに電流を流すことで毛根の細胞を破壊して処理します。この方法は、レーザー脱毛が登場する以前から医療脱毛として行われており、現在では痛みや所要時間等の難点から、扱うクリニックが少なくなっています。もっとも、このニードル脱毛によった場合は、一回の施術に於ける処理の確実性が高い為、永久脱毛が可能な唯一の方法とも言われているんですよ。

永久減毛が可能なレーザー脱毛

永久脱毛が可能なもう1つの方法には、レーザー脱毛が挙げられます。もっとも、このレーザーによる場合には、照射を何度か重ねることで、徐々にムダ毛を減らす方法であることから、正確には永久減毛が可能なんですよ。その具体的な処理方法は、ムダ毛が生える肌の上から選択的に反応するレーザーを照射し、毛根の細胞にそのエネルギーを吸収させ、熱により細胞を破壊して再生を抑制して行きます。その為、レーザー脱毛では、ニードル脱毛よりも痛みを少なくして、一度に多くのムダ毛を処理することができます。このことから、現在本腰を入れて永久脱毛を行うには、まずレーザー脱毛により施術を行い、それでも残ったムダ毛はニードル脱毛で対応するのが、より現実的です。

医療脱毛は、医療機関でしか扱えないレーザーによって強力な脱毛が行えるため、少ない回数で効果的な脱毛が可能です。