Press "Enter" to skip to content

筋肉をつけるなら!注目の加圧トレーニングとは?

筋肉のつけ方の仕組み

一般的に筋肉をつけるには、筋力トレーニングなどで身体を動かします。筋力トレーニングを行うことで筋肉に血液からエネルギーが行き、さらに働かせるために周りの脂肪からもエネルギーをもらいます。そしてトレーニングによって破壊された筋肉組織を回復させ、再度破壊されないようにするため、以前よりも強靭な筋肉を作ります。この際に起きる痛みが筋肉痛であり、筋肉痛を乗り越えた筋肉は以前よりも強くなります。これを繰り返すことで筋肉をつけることができます。

加圧トレーニングとは

一般的な筋力トレーニングでは、まず脂肪からエネルギーをもらうまで時間がかかります。そこで時間効率をあげる方法として注目されているのが加圧トレーニングです。加圧トレーニングとは鍛えたい部位につながる大動脈の部分をゴムで縛り、鍛えたい部位に血液を流れにくくします。そうすることで、筋肉が流れる血液からのエネルギーを吸収しにくくなり、速い段階で脂肪からエネルギーを吸収することが出来ます。つまり、一般的なトレーニングよりも短い時間で筋肉をつけることが出来ます。

加圧トレーニングの注意

加圧トレーニングでは血液の流れを流れにくくするので、長時間トレーニングすることが出来ません。トレーニングを一定以上した後に必ず血液を止めているゴムを外し、血液を巡らせる過程が必要です。そのため、知識のあるトレーナーと一緒に行う必要があります。また加圧トレーニングは短時間に筋肉に負荷を与えるので、比較的大きく膨らむ筋肉が身に付きます。そのため細く、しなやかな筋肉をつけたいという方には向いていないので注意が必要です。

加圧トレーニングなら横浜の店舗の契約内容を理解することで、優れたサービスが行われている店舗を選べます。